龍ノ水晶窟

アムドゥスキアアルティメット実装からはや幾日。皆さん如何お過ごしでしょうか。
タイトルは世界樹の迷宮っぽく考えてみました。まだ世界樹にこんな水晶が綺麗なダンジョンって無いんですよね。
Ⅴはまだやってないからわかんないんですけども。
周回してますか、アド行ってますか、エクスしてますか、チャレしてますか、TAしてますか。
それとも寝過してますか。私は大体寝過してます。寝るのに忙しくて記事更新してる暇がありません。
いえもうここのところずっよ眠くてですね。何なんでしょう春なんでしょうか。
ま、良いでしょう。

20161021215905.jpg
他のとこで既にたーくさん書かれてそうですが一応うちでも触れておきましょう。
元になったフィールドは火山洞窟のようです。溶岩の煮え滾る灼熱の石窟とは打って変わって水晶と水の煌めく涼しげな空間に。
普段溶岩で歩けるところが制限されていただけあって、まったく違う地形に見えますね。
でもクリスタルはもう少し透き通ってても良かったんじゃないかなーとかちょっと思います。
そう言えば思ったことがもうひとつありました。
が、それはまた別記事で書きましょう。忘れてたら言ってください。

20161021220326.jpg
そんな幻想的な空間なんですが、敵の攻撃は苛烈極まる壮絶な戦場でして。
戦闘中はそんなもの眺めてる暇はありません。というか敵が何してきてるのかすら把握できません。
特にこのアホ姫とリンクしてると全然わかりません。ハンターで行ってなかったら間違いなくボコボコです。

20161021220500.jpg
トランマイザーのモーション流用をしたらしきボクス・トゥバルス。あのモーションが機甲種以外に適用出来ることに驚きました。
しかも、地味に機械的な一定スピードだったモーションから、緩急がついた有機的なスピードへと調整されてたんですよね。技術班の芸は細かい。
この人はなんだか女番長っぽい荒々しい人です。
希少種になると漢の番長になります。倒した時の「良いコブシだったぜ……」はイケボなので良く聞いておきましょうね。

20161021220547.jpg
なんかヤバいやつが出てきてるアレ。クォーツドラゴンを元にしたエネミーのようで、手足が肥大化して腰になんか生体ブースターみたいなの着けてます。この生体ブースターっぽいのは後ろから見ると結構気持ち悪いです。
この人、性格はドラゴンエクスに似ていて武人気質が感じられます。希少種になると女騎士ちゃんになってます。

20161021220719.jpg
で、あれこれ突破して最深部に行くとそこにはヨツンヴァインに進化したアンガ・ファンダージ。
あれこれ仕様違うんですし名前分けてくれれば良いのに。アンガファンダージほにゃららみたいな。
ところでヨツンヴァインってなんかヨツンヘイムっぽいですよね。ヨトゥンは霜の巨人、ヴァインはキュウリとかメロンとか瓜系を指すようなので、「巨人の瓜」とか「氷河の瓜」とかいう意味合いになったりしませんかね。ダメ?
スーパーメロン。

20161021215808.jpg
ちなみに初めて突撃した際のお2人の衣装はこんな感じ。っていうか前のメルレットそのままです。
おたかーい衣装だったのでとりあえず着続けませんとね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

かんりにん

桜木稲穂

Author:桜木稲穂
巫女さんと百合をこよなく愛でる神樹系触手生命体。
PSO2やったりPSNOVAやったりセカダンやったりマイクラやったりの日々。
他にもSQⅢ、SQⅣ、無双OROCHI2Ultとかもやってました。
当ブログで使用されているスクリーンショットや資料などの著作権はだいたいその作品の企業に帰属します。

Pixiv
ツイッター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
キャラクター
マスコット的な位置になってしまった子

フィルミア・アイゼロット・リーンベルグ
L.C.1600年代くらいに存在した名門貴族リーンベルグの姫君。
度を越した元気とお転婆と、お姫様らしからぬ言葉遣いが特徴的なアホの子。
あっちが大変なことになったので写真を創作世界版に変更しました。
CM3D2で乱舞してるのはコイツのクローンらしいです。

従者

ユーリィ・ハートノーツ
/女性/15歳
フィルミアに仕える専属メイド。
物腰穏やかな大人しい少女。いつもいつもフィルミアに振り回されている。
メイドの都合上、大人と話す機会が多かったためか礼儀正しい。
姫君専属ということもあり、幼いながらもメイドの中では高い地位にある。
CM3D2で振り回されてるのは同じくクローン体らしいです。
QRコード
QR
検索フォーム
リンク
リンクその2
バナー付きサイト様

バナー
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ