ロールロール

おはようございます、EP4に押し流されてアニメ第3話の感想を書いておりませんでしたね。
ロールプレイがテーマの回です。
PSO2内において常にロールプレイ状態にある私には直撃の回でした。ネトゲの醍醐味でもあるのですけども。
もはや自分でもわからないくらいキャラに同調してるので、自分の中では全然違和感ないんですよね。皆さんがどう思っているかはわかりませんが。
各キャラ毎に、口調だけでなく行動や反応なども違ってたりするんですよ。
もちろん、根幹は共通ですけども。
そう言えば複キャラ回はあるのでしょうか。
あと、後半のユタカ君のお話は何と言うかもう、痛々しいの一言に尽きますね。
少なくともあれは姫様は怒るレベル。
ユーリィも恐らく不快感を隠さなくなるのでは。
クオリアーネさんなら一言入れて追放、ミリナさんなら飛び膝蹴りで追放ですね。
そう言えば、本名言われて周りがどよめいているあたりもしやあの場にいるの全員あの学校の生徒なのでは……。
あ、動物2人組は除きます。
好きにした結果があれだというなら、人間性を疑ってリアルで縁切りするレベルです、私なら、ね!

おまけ
pso20160128_015158_000.jpg
セラフィさんだけ2年前。
esもesで、EP4の1年前とかだったら面白いのではとか勝手に思ったんですが、ダメですかね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

かんりにん

桜木稲穂

Author:桜木稲穂
巫女さんと百合をこよなく愛でる神樹系触手生命体。
PSO2やったりPSNOVAやったりセカダンやったりマイクラやったりの日々。
他にもSQⅢ、SQⅣ、無双OROCHI2Ultとかもやってました。
当ブログで使用されているスクリーンショットや資料などの著作権はだいたいその作品の企業に帰属します。

Pixiv
ツイッター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
キャラクター
マスコット的な位置になってしまった子

フィルミア・アイゼロット・リーンベルグ
L.C.1600年代くらいに存在した名門貴族リーンベルグの姫君。
度を越した元気とお転婆と、お姫様らしからぬ言葉遣いが特徴的なアホの子。
あっちが大変なことになったので写真を創作世界版に変更しました。
CM3D2で乱舞してるのはコイツのクローンらしいです。

従者

ユーリィ・ハートノーツ
/女性/15歳
フィルミアに仕える専属メイド。
物腰穏やかな大人しい少女。いつもいつもフィルミアに振り回されている。
メイドの都合上、大人と話す機会が多かったためか礼儀正しい。
姫君専属ということもあり、幼いながらもメイドの中では高い地位にある。
CM3D2で振り回されてるのは同じくクローン体らしいです。
QRコード
QR
検索フォーム
リンク
リンクその2
バナー付きサイト様

バナー
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ