シンパシー2013

ザッパーン
ざっぱーん
お久しぶりですこんばんはー!はいこんばんはー!
ちょっと東京への電撃作戦のために更新しておりませんでしたさくらるるるでゴザイマス!

実際は31日の夜には帰ってきていたのですが、その日はロクな体力が残っておらず、4月1日はエイプリルフールにより完全にネタになっちゃうので更新が今日になってしまいました。
え?2日3日はどーしたのかって? それは秘密です。

行ってきましたよシンパシー2013。
いやー凄かったですねー、行けて嬉しかったですよーホント。
元々、任天堂なんかがゲームのオーケストラコンサートやってるって聞いてて、ずっと憧れたんですよね。
東京旅行を考えていたこともあり、シンパシーの企画を聞いた瞬間「これだー!」と決めました。
東京旅行と言った割には、疲れちゃってシンパシー以外行けてないんですけどねw

もうOPから鳥肌ものでしたよ。
スクリーンに色々映るじゃないですか、プレイ画面なんかもう懐かしくて懐かしくて。
オルガフロウ戦なんて、いつ天罰が撃たれてトラウマ掘り返されるかドキドキしてましたよ。まぁ結局撃たれませんでしたけども。
まぁ私がやったPSOはGC版だけなんですけれどねw
PSUは全然やったこと無かったのでムービーが新鮮でしたね。
PSZは改めてムービー見直した感じでした。
カイさん、ちゃんとアキシオンのサブグリップ使ってたんですね。

そして幕間、といった具合に小林神率いるバンドが登場。さらにはあの光吉さんも乱入してきました。
光吉さんと言えばもうバーニングレンジャー。 Burning Heart~炎のANGELですね。
私の頭にはそれしか残ってません。もっと言うとセントラルドームの炎禍しか残っていません。

幕間が終わるとPSO2の楽曲に入り、まずはタイトル。
そしてフィールドBGMでは綺麗にスルーされた地下坑道。
その後にボス楽曲。ラグネ、ヴァーダー、クォーツさんの3種。
どれもゲームとは違った感覚で聴けましたね。あと、スクリーンの映像にプレイヤーが映っていなかったのでどこかのどかな印象でした。
そして極めつけはファルスアームからのエルダー戦楽曲、さらにメインテーマへの綺麗な流れ!お見事でした!
ちなみにメインテーマはFullverでしたね。

最後は総括と言った感じにFor Brighter dayのオーケストラバージョン。
美しい音色で締めくくられました。

で、なんで写真が無いのかって?それはもう、またちょっと変な事情がですね。
実は、Vitaでいくつか写真を撮ったのですが、PCとVitaを繋ぐ機器を持ってなかったんですよね。
それで、今日買って来たんです。VitaとPCを繋ぐケーブル。
そしたらですねー、コンテンツ管理アシストとというプログラムがVitaからPCに送られて、それをインストールしなくちゃいけないんですが、それが正常にインストール出来なくてですね!
何度やりなおしても成功しないのでとりあえず写真無しで更新することになりました。
いつか成功したら、写真載っけますね。

あ、それとシンパシーで演奏された曲の一部、置いて行きますね。

 

そして私がやらかした、人生最大に身体を張ったギャグはこちらからご覧ください。
やーエクストリ-ムでしたよ、究極でしたよ。

シンパシー目的で東京を強襲したはずなのに

まさかシンパシーのチケットを家に忘れて行くなんて。

アホですか、バカですか、何で忘れちゃったんですか。
ちなみに持っていくものリストを作っていたとしてもその中にすら入っていなかった自信があります。
それくらいチケットの存在を忘れていました。
気づいたのはシンパシー前日。既に東京入りしてからです。
その日はずっとユーリィや姫様をはじめとする私の中の住人に慰めてもらいつつ、策を練ることに。
そこで家族にチケットの写真を送ってもらい、席番号などのデータを入手。

会場にはちゃんと忘れた人用の準備がされていたので、それに甘えさせていただくことになりました。
その場でもう一度代金を支払い、家に帰ってからチケットを送り返すと返金されるという仕組みだそうです。

皆さんもチケットを忘れてしまったりした場合は、諦めずに落ち着いて考えてみてくださいね!
意外となんとかなるものですよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

フィルちゃんもシンパシー感じてきたんだー
続き開いたらしあわせになれた!

忘れた人用のあるなんてはずかしうれしいだねーx-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
かんりにん

桜木稲穂

Author:桜木稲穂
巫女さんと百合をこよなく愛でる神樹系触手生命体。
PSO2やったりPSNOVAやったりセカダンやったりマイクラやったりの日々。
他にもSQⅢ、SQⅣ、無双OROCHI2Ultとかもやってました。
当ブログで使用されているスクリーンショットや資料などの著作権はだいたいその作品の企業に帰属します。

Pixiv
ツイッター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
キャラクター
マスコット的な位置になってしまった子

フィルミア・アイゼロット・リーンベルグ
L.C.1600年代くらいに存在した名門貴族リーンベルグの姫君。
度を越した元気とお転婆と、お姫様らしからぬ言葉遣いが特徴的なアホの子。
あっちが大変なことになったので写真を創作世界版に変更しました。
CM3D2で乱舞してるのはコイツのクローンらしいです。

従者

ユーリィ・ハートノーツ
/女性/15歳
フィルミアに仕える専属メイド。
物腰穏やかな大人しい少女。いつもいつもフィルミアに振り回されている。
メイドの都合上、大人と話す機会が多かったためか礼儀正しい。
姫君専属ということもあり、幼いながらもメイドの中では高い地位にある。
CM3D2で振り回されてるのは同じくクローン体らしいです。
QRコード
QR
検索フォーム
リンク
リンクその2
バナー付きサイト様

バナー
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ